« 失われた30年で 日本は貧乏国家となった というのは、本当だろうか? | トップページ | 入院中に考えたこと   1.藤井7冠 が、さらに強くなりたい と 願う理由 について の 推測 »

2023年1月 6日 (金)

大幅金融緩和を 日銀が固執する理由(推定)

日銀総裁の任期の末期が近づいてきましたが、
最後の最後まで大幅金融緩和を継続する と、

はたから見ると

なんで 金融緩和にしがみついているのだろうか?
何故だろう? と、

不思議に 感じられるの方が
私だけではないのでは?と、感じられます。

大幅金融緩和を開始する際に、
ハイパーインフレを危惧する声に対して、

インフレターゲット論を主張して
「今回の金融緩和は、
 安全装置が付いていますので安心してください。」

即ち、
「デフレ状況より脱出するため、
 2%のインフレ率を達成するための措置です。

 今回の金融大幅緩和の上限は、2%のインフレ率であり、
 2%に近づけば、
 出口戦略を発動して、大幅金融緩和を終了させます。」

と、世間一般で言われていましたので、
そういうことなのだろうと信じていました。 

ところが、
日銀総裁に就任されてから10年たって
ウクライナ戦争や地球温暖化対策 による エネルギーコストの 大幅上昇
および
米国の金利引き上げによる円安により
インフレ状況が実現すると、

先ほどのお話ししたように、
世間一般で言われていたインフレ・ターゲット論とは真逆の、
絶対に 金融大幅緩和を継続する と、

おっしゃることが 激変しておられるのです。

東大の数学科出身の異色大蔵官僚だった
現在経済学の教授をされておられる方も、

2%の達成したので 出口戦略を発動すべきでは
との マスコミの問い に 対して

インフレ・ターゲット論など存在しなかったごとく

「2%のインフレ と なったからといって、
 出口戦略する必要はない。

 価格が上昇しているのは、食料品とエネルギーだけなので
 それ以外は安定しているから、インフレではない。」

と、吃驚するような発言をされておられます。

この方は、
トヨタ自工さんを先頭として
海外立地 可能な企業が 日本より脱出して

日本の需要 が 増加すれば、
海外の日本企業が供給することにより
日本国内で デフレ状況 が 継続したことに

気がつかないのか

あるいは、

気がついていておられても、
自分の目先の立場を優先して
知らんふりして 嘘をついておられるのです

私は、
2%のインフレ率が目標、ゴールだと思っていましたので、
当初のご説明通りに

インフレ率が 2%に近づけば、
出口戦略を発動して金融の大幅緩和は終了するのだろう

と、想像していました。

上記の教授が学生の頃は、

数学科で学ぶには、
東大の理1に入学した1000人の学生の中で

進学希望者 の 最低点 が、
 天文学科、物理学科 に次ぐ
最上位に近い 優秀な成績 で なければ
進学できなかっただろう と、思われますし、

現在の日銀総裁も、
東大法学部出身で、公務員上級試験では、
事務次官当確といわれる素晴らしい成績 で
大蔵省 に 入省された大秀才の方 のようですので、

金融緩和 を 継続する との方針 は、

10年前のインフレ・ターゲット論
を 失念したわけではなく

財務省の当初からの(10年前からの)方針
だったのだろう と、推察しています。

(直截に 申し上げると
 インフレターゲット論 を 標榜して、

 国民 を だましたのだろう
 (結果として だましたのだろう)
 と、言われてもしょうがないのでは?
 と、思います。)


そこで、疑問となるのは、
日本で 最高の頭脳集団 である 大蔵省(財務省)の皆さんが、
国民をだますような、金融緩和の継続

即ち
国債の無制限発行 に

固執される理由は何故か?

について、疑問が生じますので、

今回は、
この点についての 私の推測 を お話しして
皆様のご参考に 供したい と、思います。



     ***********


1万円札の製造原価は、ただ みたいなもの だ
と、聞いたことがありますが、

具体的にいくらなのか について
想像も つきませんでした。

そこで、
銀行に就職した友人に問い合わせたところ

現役の頃
20円ぐらいというのが 常識だった との返事 を 聞き
吃驚しました。

考えてみたら、
1万円札は、天文学的な枚数 を 刷るでしょうから、

製造原価は、
ほとんど紙代に収斂するのかもしれませんので

20円というのも
1万円札の製造原価のレベル としては 本当(妥当)だろう
という気が します。


ということは、

20円で製造したものを、国家権力を発揮して、
10,000円の 価値(500倍の価値)を
強制的に通用させているのです。

これは、驚くことに、

1万円札を製造すると
約500倍 の 価値

即ち
9,980円 の 価値 を
上乗せしていることとなります。


私が、現役の頃、
日本 の 製造業の利益 は 3~4%ぐらい
と、いわれていました。

ところが、1万円札は、
99.8%の利益を生み出す製品であり、

まるで おとぎ話に出てくるようなことが、
現実にあったのです。

この利益は、
だれが、享受しているのでしょうか?

衆目一致するのは、日本政府でしょう。
具体的には、
予算を運営している大蔵省(財務省)の官僚の皆さん
ではないでしょうか。

更には、
政府に群がって、利益を引き出している
政治家の皆さん では ないでしょうか?


そういえば、
コロナが流行して以来、

緊急(非常)事態 に 対処するために
日本政府は、
お金をばらまいているような気がします。

また、最近では、
国際会議で、外国に対して
何兆円単位の援助 を 提供する約束を されておられます。

財源が どうなっているのだろう と、心配になられる方 は、
私だけではないでしょう。

これが できるのも、
20億円のコストをかければ
1兆円の価値を生み出すことができるからこそ可能なのでしょう。

そういえば、
赤字国債が発行した時、大蔵省出身の故宮沢首相が

「前回、失敗して、ハイパーインフレをもたらしましたが、
 今回は、前車の轍を踏むことを回避する知恵が、
 我々が持っているでしょうか?」
との、謎めいた趣旨の発言 を
されておられたことが 思い出されます。

国債発行、
即ち 1万円札の乱発は、

一度味わう と、やめられなくなる 麻薬みたいなものだろう
と、推察しています。

財務省出身 の 現在の日銀総裁 も、
コロナ の 流行下、
首相などの 各方面よりの 旺盛な資金需要の要請 に 対処するために
この麻薬のような、国債発行に
手を染めざるを得なかったのでは ないでしょうか。

そして、現時点では、
政府に群がる政治家 を はじめとする 多くの人々 の
旺盛な資金需要にこたえるために

インフレターゲットを設定して始めた 国債発行(大幅金融緩和)を
終了させようにも 出来なくなっているのでは?
と、推察しています。

最近 の 大きな話題 として、

国防費 を 倍増するため
5兆円の財源 を どうやって捻出するのか について
自民党と政府の間の 議論がありました。

自民党は、
5兆円の国債発行で賄うべき
と、主張したのに対して、

岸田首相、財務省 は、
増税で 対処する方針でした。

これを、
皮肉な見方をすると、

大蔵省(財務省)が、自由に使えるお金を、
5兆円分 減らして 国防費 に 供出しろ(譲れ)
と、自民党 が 要求しているののでは?

と、言い換えることができるような 気がします。

自民党の案 は、
目先 実質 10億円で 国防費の増額 と 賄おう
と、主張しているのに 対して、

予算に占める 国債発行費の比率 の増加に、
頭を痛めている大蔵省(財務省)が、

猛烈に反対していることが、真相では?
という気 がしています。


大幅金融緩和による国債の無制限発行の傾向は、
日銀総裁が 交代しても 変化しないでしょう。

新円切り替えの荒療治により終息させた
戦前の戦時国債発行による国家財政の破綻 と、異なり

経済のグローバル化した現在では、
現在の政府、日銀によるが 金融大幅緩和あを継続して 円をばらまけば、
海外の日本企業を通じて 全世界に拡散するでしょうから、

戦前とは状況が異なり
インフレに対する対応力は強力であり、
短期間では影響が表れないとは思います。

しかしながら、
長期間の全世界の経済を展望すると
世界的なハイパーインフレにより

日本経済のみならず 世界経済 が、
何十年後に 破綻する契機となるのでは?
との危惧を 持っています。

それまでの間に 全てを振り出しに戻す
世界大戦規模の戦争が生じる前 に

日本政府をはじめとする為政者の知恵により
未然に解決することを、祈っています。

更に、
20世紀末に大転換した歴史に対応した
従来型の秀才ではない
転換後の歴史を正確に解析し、歴史の行く末をリードする
抜本的な新たな経済学 を構築する天才

が、現れることを 切望しています。

(注)国民国家の時代には、
   マルクス と
   ケインズをはじめとする近代経済学 が
   その役割を 果たしていましたが、

   地域共同体への道を歩み始めた現在における
   時代を正確に解析し、行く末を指し示す
   時代の要求を 満足させる 経済学を構築できる
   大天才の出現 が 必要であり、心から 願っています。


                   以 上





|

« 失われた30年で 日本は貧乏国家となった というのは、本当だろうか? | トップページ | 入院中に考えたこと   1.藤井7冠 が、さらに強くなりたい と 願う理由 について の 推測 »

ニュース関連」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 失われた30年で 日本は貧乏国家となった というのは、本当だろうか? | トップページ | 入院中に考えたこと   1.藤井7冠 が、さらに強くなりたい と 願う理由 について の 推測 »